「豆くわい」です!
芽が出る=めでたい!ということで、
おせちの品目としては
欠かせぬアイテムの一つかと思います。

オモダカ科の水生植物で、
水のある田圃のような場所で栽培される、
クワイ。
普段食用としているのは、
地下に出来る塊茎(かいけい)の部分、
なんですね。
左写真は、広島県福山から。
豆くわいなので、
芽の部分合わせても5センチほど。
小さな、ちいさな、くわいなんです。

ほくっとした食感に、
なんともいえん、ほろ苦さ。
子供の頃は、この魅力が全く
分かりませんでしたが(!)
今は、
おせちの中にこれが無いのは寂しい!と
思えます。
口に入れると、なんだかほっとする、
優しい味わいなんですよねー。

これを一つずつ、六方剥きに。
その量、なんと全部で、2.5キロ分!
どうしたって時間が掛かりますけれど、
焦らず、丁寧に、でも手はしゃかしゃか動かして。
作業自体は、無心になって剥きながら、
頭の中では、今後の予定を組み立てたりして。
この時期においては貴重な(!)、
考え事の出来るまとまった時間であったりもするんですよー。

ともあれ、大切な下拵え、
頑張りますっ!