師走、ですねー。
今年もあと一ヶ月、、、などという台詞、
ニュースなどでも何度も耳にするようになっていますが、
今年について言えば、なんとも言えんやるせなさ、感じざるを得ません、、。
「ええ!?もう!?」というのは、
例年、12月に思う定番の感覚ではありますが、
こと今年に限っては、
きちんと過ごせた感、があまりにも乏しくて、
どうにもこうにも、の気持ちがいつもより強く残るのですが(!)、
暦はもちろん否応無しなので、
2020年最後のカウントダウン、もう始まっております。

そして、
「店にとり一年最後の試練の月」であるという事実も、
同時に変わらずやってきていて、
このような状況であったにも関わらず、
今年も例年変わらず、最後の月を迎えられておりますこと、
これについては、心より感謝!しつつ、
今、日々作業を重ねております。

試練、それは、
言わずもがなの「おせち」作業!なのですが、
料理屋にとっては、一年の終わりの締め括り、
最後にして、これを終えずしては年を越せず!という、
いわば「総括」の一仕事、
いよいよ、その一連が始まっております。
今はまだ「準備の準備」のようなものが多いのですが、
これから毎日、少しずつ作業を重ねていくことになります。


という訳で、今日も色々と合間作業。
お写真、「ちょろぎ」です!
シソ科の根菜で、
漢字では「長老喜」「千代呂木」、等、
縁起の良い、お正月の食材の一つ!とされています。
紅く染められたものが黒豆に入っている姿で、
見慣れておられる方も多いかもしれません。

さて、このちょろぎ、
店ではまず第一段階の作業として、
両端の出っ張りの1ミリほどを、一つ一つナイフで取り除きます。
もちろん、かなりの量になるので、時間はきっちりと要するのですが、
でも、この作業を怠ると、
出来上がり、仕上がったものを口に入れた時、
ちょっとした違和感が残ってしまう、ことになるので、
この作業は、どうしても欠かせません。
丁寧に、カットいたします。

実は、
「弊店のおせちの中の品目で何がお好きですか?」
お買い求めの皆様にお尋ねしてみると、
なんと、この「ちょろぎ」がいつも上位にランクインしてまいります。
本当のところを言えば、
これよりももっともっと段階を経て、
仕上がりまでに苦心をする品目は他に沢山あるのですが、
それを抑えてでも(!)
美味しい!というファンが後を絶たない、という、
なんとも小憎い、この食材です(笑!)
(ちなみに大将も、ちっちゃいころから、ちょろぎ好きやってんーーー!と、
ちょろぎ大好き、ちょろぎ推し!笑!)

ともあれ、
美味しいところ、へもっていくための、下準備のカット作業。
大変でも、欠かせませんー!

さてさて、いよいよ12月、
師も走るが、我も懸命に、走ります!
2020年ラスト、頑張ってまいりますよー!