日毎に涼しさを感じるこの頃、
店ではこんな作業もいよいよ始動、
お写真、「子持ち鮎」です!
晩夏から初秋にかけての鮎は、お腹に卵を抱いていて、
身と卵、合わせて味わうのが、この時期の鮎ならではの楽しみ方、なんです。

店では、甘辛く炊いて、仕上げます。
卵のプチっとしたなんとも言えん食感、旨味、
そして、甘辛いお加減が十分に染み込んで、
口の中でほろっとほぐれる身、
それはそれは、美味!なのです。
じーっくり炊き上げるので、
頭も骨も一尾丸ごと頂けるのも、魅力。
絶妙な柔らかさを楽しみながら、
しっかりと濃く深い風味が楽しめます。
これ、初夏の時期の若鮎とは、
また違った味わいなんですよねー。

さて、
まず作業は、縫うような串打ちから始まって、
包丁で切れ目を入れて、、、

卵が上手く出るようととのえて、、、

そしてこの後、
遠火で程よく焼いて、、、


一先ず、このような状態に。
この段階でもなんだか美味しそうに見えるのですが(!)
ゆっくりじっくり、大鍋で、
柔らかく、甘辛く炊き上げていきます。

中までしっかりとお味が染み込むまで、
これからまだ何工程も経ることになりますが、
「子持ち鮎」、これからお献立に登場予定、です。
ほっこりいたしますよー。皆様、是非に!

そして、この「子持ち鮎の甘煮」、
「おうちでくりた」でも販売予定でございます。
発送、及びお持ち帰りのお料理にて、ご用意をさせて頂きますので、
気になる方おられましたら、是非、ぜひ、お尋ね頂ければ、と思います。
皆様のご利用、お待ちしております!

作業としては途中段階の写真、
ということにはなるのですが、
この焦げ感の並び、
これ、目にたまらん、絵面ですよね(笑!)
秋に合いますね。
(ビールっっっっーーーーーー!
でも、完成品には、日本酒が合うかと思います。
もちろんお酒なしだって、美味しいです。)