日中はまだまだ暑さが残りながら、
朝晩は、ほんの少しずつ、ではありますが、
過ごしやすくなっているように思える、ここ数日。
日の差し方も、ちょっと角度が今までとは違う気もして、
確実に季節が動いているなー、ということ、実感しています。
夏が終わってしまう——— 、、との思いに駆られること、
8月末のこの時期の常、なのですが、
あまりにも強烈で、印象深い、今年の夏。
何も無く何も出来ず、でも大変さだけはあって、
用心、警戒を怠らず、欠かせないのはマスクと十分な水分、、、、。
きっと、ずっと記憶に残ることだろうな、と思います。
ともあれ、
来月もまだ厳しい暑さが居残る、との予報もありますから、
ここは気を緩めず、過ごして参りたいと思います!


さて今日は、
一足早く実りの季節を思わせてくれる食材のご紹介。
お写真、「みずの実」です!
山の渓流沿いや、湿地に自生する、
「みず」(=正式にはウワバミソウという名だそうです)と呼ばれる山菜の、
これ、実の部分なんです。
そして、「実」、とは言っても、
正確には、茎の一部がコブのようにぽこぽこ膨らんで形成される、
肉芽と呼ばれる、地上に出来る実のような組織、
いわゆる、「むかご」といわれるものなんです。
(余談ですが、一般的にムカゴといえば、山芋の「むかご」が有名で、
「むかご=山芋のもの」とのイメージがあるのですが、
山芋の他にも、むかごが形成される植物は他にもいくつかあるんですよー)

山菜としての「みず」は、
晩春から初夏にかけてが旬なのですが、
 この「みずの実」は、
夏が終わって、少し涼しさを感じるようになる頃から、
市場で姿を見かけるようになります。

シャキッとした食感の中に、少しのヌメりのようなものもあって、
他には無い独特な味わいは、ちょっとクセになります!
店では、塩茹でしてお椀の中に添えてみたり、
和えものにしたり、さっと味を含ませ炊いてみたり、
浅漬け風にしてみたり、、、等々、
その時々で、色々な形に仕上げます。
アクも少ないので、非常に使い勝手がいいんですよー!

みずの実、これからしばらくお献立のどこかに登場予定です。
にしても、もうこんな秋の気配のある食材が出回りだす頃となっているんですよね。
食材も、これからどんどん、
次の季節へと移っていきますよー!