今日、大文字の送り火の日、でしたね。
今年は、点火をする部分を一部に限って執り行われる旨、
前もっての案内はあったので、
どんな感じになったのかな?
四条大橋の上は、どんな雰囲気だったのかなー?と、
今、色々と想像を巡らせております。
(中継の録画みて、今からその様子目に留めようと思っています!)

今年は色んな行事ごとが、
「常とは違う」という開催となっているのですが、
大文字については、
昔から連綿と続く民間的「宗教行事」であるため、
異例の形とはなっても、
そこへ向けられる人の思い、それは変わらぬもの、であると思います。

かくいう私、まだ若き学生の頃、
大文字の日だと言えば、出町のデルタ(「大文字」が真正面に見えるのです)
辺りに集まって、心曇りなくその灯った火見上げて、
楽しく仲間と過ごした、記憶があるのですが、
その後長らく月日が過ぎて、
思いにも少しずつ変化があって、
そんな中、
自分が「見送る」立場が実際にやってきてしまって、
初盆でもあったその年のその日、
営業時間の途中ではあったのですけれど、
「一瞬でも、お見送りをしたげなあかん!」と大将から押されて、
ほんの合間に、全力で四条大橋まで走って、
懸命に手を合わせて戻ったこと、
今でもよく覚えております。
何かそこに思いを託すような気持ちで、
兎に角、手を合わせていたこと、思い出します。

本当に有難う、、、という感謝であったり、
頑張ります!という決意表明であったり、
見守っててねー、というお願いであったり。
たとえ、点の点灯だって、
きっと、そこには様々な思いがあって、
皆さん、しかとそこに思いを込めるんですよね。
(だからこそ、いたずらや冗談にもならんようなふざけは、ほんまにあかんと思います)

今年は実際に目にすることは出来なかったのですけれど、
思いは強く!身近に感じる思いのした、本日でした。


さて最後に、
お盆ならではのアイテムを。
お写真、ほおずき(鬼灯)の外皮、です!
見慣れた姿のオレンジの部分を、
丁寧に取り除き、筋の状態にしたもの。
この時期、「器」としての使用で、
脇役ではあるのですが、
これが本当にきれいで、涼しげで!
そこにすっとあるだけで、お盆の記憶がふっと脳裏をかすめたり、
色々な思い出の演出をしてくれる、優れアイテム、なんであります。

暑い時期、食材としては美味しくて滋養があるものを、
というのは、お献立を構成する上で第一となりますが、
同時に、
涼しげであったり、心がすうっと爽やかに、
落ち着けるような雰囲気がつくれたら、、、ということ、
いつも心掛けるところ、です。
お盆過ぎの頃からは、それが自ずと主題となるんですよねー。

さて、最後にご案内となりますが、
店は明日17日(月)〜20日(木)まで、
夏期休業とさせて頂きます。
21日(金)より、通常通り営業とさせて頂きますので、
何卒宜しくお願い申し上げます。