我慢の日々、続いておりますね。
大変で、試練の時、ではありますけれど、
店の中の面々、
「考えて話して、決めて進める」
ということが、常よりも密にきっちり行えているような、気がします。
今出来ることを、常に考え掘り下げて、
いつもヒントを探って、閃いたなら広げて、
こうしてみたら?こうするのはどうか?
とことん話して深めて、決めたなら即、進める。
こんな時ですけれど、
でもおそらくこんな時だからこそ、
いつもよりも頭の細胞がフル稼働しているような気もし、
頭が非常に元気です(笑)
今まで、こんなにも凝って鈍っていたのだなーー、と、
改めて実感する時、ともなっています。

さて、そんな中。
店には引き続き、日々入荷が続いているのが、これ。
またまた登場、「筍」です!
でもご紹介せずにはいられません、
筍、今が本当に最盛期なんです。

産地はもちろん、京都の塚原産。
しかも左写真のものは、
いわゆる「白子の筍」と言われるもの。

京都の筍は、専業で栽培をされているところが多く、
春に極上のものを採取できるよう、
一年間、しっかり目をかけて育てられている筍、なんです。
なので、
竹藪から勝手に生えてくる、という類のものではなく、
言うなれば、「筍畑」できちっと栽培がされている、
というものなんですね。

そして、その筍畑から、
シーズン中にわずかだけ採れるのが、
この「白子の筍」。
色が白くて、えぐみが全く無いので、
「筍のお造り」として、生で頂いても極上!なのが、
この白子、なんです。

左は、上の生の状態から、
すぐに湯がき作業をした後、のもの。
いやあ、白い!
三つ並んでも映えますね。
かなりのべっぴんさん。

とにかく、甘くて、
とにかく、美味。
甘味、旨味、香り、
全てのレベルが上がってくる時期、
筍の「旬」、
今がその時、なんですよねー。

この味を知ってしまったなら、
食感だけは筍、のタケノコは、
もうちょっと違うものに思えてしまう、
かもしれません。

「美味しい筍の味で、
記憶が一度上書きされてしまうと、
なんかどうしても、
春には「これ」を頂かないと、
となってしまうんですよねー、、、」

とのお言葉、本当に良く頂くのですが、

確かに、
深い、というのか濃い、というのか、
記憶に残る味わい、なんですよねー。

京都の筍、
今年は暖冬だった影響か、出だしが随分と早かったので、
シーズンとしては、今月一杯、という感じになりそうです。
春のお楽しみ、今が旬、ですよー!

さて、最後に。
現在ご好評を頂いております、
「おうちでくりた」でも、
この筍をお楽しみ頂けます!
前にご紹介をさせて頂いた、
「鯛と筍の炊き合わせ」に続き、
左写真は、
「筍と烏賊の木の芽和え」
木の芽和え、
柔らかな春の色目、味噌の風味、
そしてちょっと食感の違う烏賊が
アクセントになって、
これ、ほんまに調和の妙、なのです!
美味ですよー。皆様、是非に!