4月、ですね。
新年度、新学期の始まりの時、
いつもだったら、背筋を伸ばして新しい気持ちになろうはずのこの時、
今年はそうもいかず。
いつもとは違う緊張感でもって迎えている、4月のスタートとなっています。

店は、毎日の業務をしっかりと、着実に重ねつつ、
今、出来ることは何か?
今だからこそ、させて頂けることはないかな?というようなことを、
皆で考え、アイデアを出しあって、、、というのが、ここ最近の日々であります。

実は、
「なかなか外へ出られないから、こんなお料理を送ってもらえないか?」
等々のお問い合わせはやはり多くて、
ご依頼に応じ、送らせて頂いたり、お引き取りに来て頂いたり、、、
という機会がかなり増えていることもあり、
商品として、きちっと形に出来ないかな、ということが、
只今の緊急課題の一、です。
また何か決まりましたら、ご報告させて頂きますね。

世界的にも、波乱、混乱、不安も拭えぬ日々が続いておりますが、
いつか必ず、終息の日はやって来ますので、
その時までは、まずはぐっと堪えながら、
なんとか、なんとか乗り切って参りたいと思います!
私の個人的なレベルで言えば、
手洗いの励行はもちろん、うがいも欠かさず、マスクも必携、
人混みへは出向かず、必要があったにせよ距離を意識し、
美味しいものバランスよく存分に食して、睡眠もきちんと取って、
自分の力をしっかり保つ、ということ、
心掛けてまいりたい、と思っています!

、、と、
気持ちを高く保とうとする、そんな中、
店ではとある、問題が発生。
なんと、スチコンが壊れた!

スチコン、耳慣れぬ方も多いかと思いますが、
「スチームコンベクションオーブン」の略、なのです。

スチームコンベクションオーブン、とは、
ごくごく簡単に言えば、
蒸気と熱風を利用し、「蒸す」「焼く」がこなせる、多機能加熱調理機器。
しかも、温度や熱風の量など細かく設定すると、
より幅は広がって、本当に万能!な、店にとっては大事なチームメイトなのです。
それが、壊れた、、、。

なんで、今やねんっっっっっっっっ!

大将の叫び声が聞こえます。
それもそのはず、

「機械ものは、兎に角丁寧に扱うべし!」

をモットーとしておられる大将、
冷蔵庫にしろ、なんにしろ、大切にメンテをしながら使うので、
長年取引の業者さんも皆びっくり!の、
ご長寿マシーンが多い、このくりた厨房。
スチコンだって、すでに20数年選手。
さすがにもうそろそろ、色々と不具合の気配もないでも無かったので、
致し方なし、ではあるのですが、

なんで、それがよりにもよって、
他にも問題山積の今なのか!?

と。
でも、試練とはそういうことです。しかたおへん。

急いで原因究明し、部品を取り替えればなおるかも、とのことなのですが、
それもなかなか直ぐに、とはいかない様子で。
仕方がない!ということで登場したのが、
これ。

「蒸し器」です!
実は開店当初、スチコンを手に入れるまでの数年、
日々「蒸す」作業に使っておられたのが、この蒸し器。
これまでもたまに必要な時には出してはいましたが、
急遽、ではありますが、毎日登板となるのは久しぶりのこと。

「スチコンを手に入れる前は、ずっとこれをつこてた(=使ってた)んやで!」

、、と、
「お互い何も語らずとも、相手の呼吸は分かっている」
とも言うべきスムーズさで(!)、
蒸し器はすべての作業の工程にあっという間になじんでいきます。
昨日までスチコンが担当していた「蒸し作業」、
今日は、大将が蒸し器の火加減見ながら、
時間、様子もその都度のぞきながら、
そこには確かに多少の手間は増えはするのですが、
それはまるでいつものことのように、
なんなく、作業は進んでいきます。

スチコンというもの、
これまでなんと万能で優れた機械なのだ!万能じゃないか!
と、よく思っていたのですが、
それがとことん、「便利」であるためには、
これを、作業の中での、どの工程を簡略化するために使おうとするのか?
そのお料理が出来上がるまでの厳密で確実な把握、がないと、
きっちり使いこなせないのだろうなー、ということ、改めて思いました。
(板さんにとっては、きっとそれは当たり前のことなのかとは思いますが!)

使う側の人間が、どう考え、どう使うか。
道具とは、そういうものですね。

開店から数年は、
この蒸し器をフル稼働!で使っておられたとのこと。
なんでもない蒸し器ですが(!)
懐かしくもあり、この姿を見ると、
色んなこと思い出すアイテムであるらしい。

年初にちょっとお話しいたしましたが、
くりたは今年で25周年。
記念の年が、なかなかの難関の多い、
試練の年となっている現在ですが(苦笑!)
奇しくもこの機に、
初心を思い出させてくれる、
出来事が起こってしまいました、
というお話でした!