お写真、「ウルイ」です!
オオバギボウシの若葉の部分である、うるい。
早春の味覚の山菜の一つで、
今の時期、促成栽培のものが市場でも出回り出します。
写真のものは、山形産
東北地方のものが有名ですが、
最近では全国的に栽培されるようになっている様子ですね。


この、黄色にも近い若い緑色が、
柔らかい、春の色目、なんですよねー。
風味は、といえば、
シャキッ、ショキッとした食感に、
ほんの少しのぬめり感と、程よく優しい苦味があります。

春の山菜って、
アクが強く、特有の苦味があるものが多いのですが、
これは、それを敢えて食することにより、
冬から春へ、体内のスイッチを切り替える、というのか、
細胞を活性化させ、新陳代謝を促す、という効果があるんですよね。
でも、その特有のアクや、苦味こそが少々苦手だ、
というお話もよく聞きます。
ですがそういう意味では、このウルイ、
山菜の中では比較的その苦味は控えめで、
アクも少なく、なんと生でも頂ける程!
下処理いらずで調理もしやすい、ので、
とても扱いやすい山菜なんではないかな、と思います。

ウルイ、店ではこれから、
ちょっとしたつけあわせ等にちょこちょこ使います。
これから春の山菜、
どんどん登場予定、です。
もう、そんな時季なんですよねー!

クセが少ないので、
お浸し、和え物、生でサラダ感覚で、、等々、
色々に使えるんですよー!