珍しくタイトルに数字が並んだのは、
今日が2020年2月20日だ!と気が付いた、のです。
正確には、仕込み中何気なく大将が、
「今日、やけに「2」と「0」が並ぶ日、やな、、、」と、
ぼそっと独り言を仰ったのがきっかけで、
そういやそうやな!と気が付いて、
でも、
2月2日でも似た感じだったのか?

いや、でも今日の方が読んだ時のリズムが悪く無いのかな、と、
頭の中で、
「にぃーぜろ、にぃーぜろ、ぜろにぃーにぃーぜろ」と、
なんども呪文のように唱えた、本日でした。
この、シンプルでリズム感の良い並び、今後早々やっては来ないので、
そう思うと、妙に名残惜しい気もあり(!)
なんか思い出になるようなことしても良かったのかな、と
思い巡らせた、仕込み中でした。


さて、そんな今日は、
今の時期、敢えて仕入れたこんなもの。
お写真、「キンカン」です!
写真は宮崎産。店では毎年12月末頃より使うのですが、
そろそろシーズンも終盤の時期かと思います。

昔っから、風邪の気配があったら、キンカン。
喉が痛み始めたら、キンカン。
冬場に具合が悪い時、欠かせぬ柑橘、甘味であったように思います。
それもそのはず、
ビタミンC、Eが豊富で、カルシウムも含まれる、とのこと。
きっと詳しい栄養価等はわからなくとも、
昔からその滋養、効能については、把握されていたんですよねー。

今、新型ウィルスの猛威もあって、
自分の身を守る、という必要性がことに言われますが、
それにはまず、しっかりと滋養あるものを摂取して、
きちんと蓄えて、ゆっくりと休息時間を取ることが、
一番大事である、とのことですね。
栄養のあるものを、きちんと摂取するということ、
これは本当に、活力の根源であるかと思います。

旬の滋養の高いものは、積極的に摂り入れたいところ、ですよねー!
と言う訳で、キンカンです。
これからしばらくお食事最後のお茶請けにお出し致します。
その他にも、旬のエネルギー溢れるもの、沢山ご用意いたしますので、
皆様、是非に!

これから、ヘタをとって、
一つずつ切れ目を入れて、
蒸して、種をとって、、、、と
作業は続きます。
最終的に、美味しい蜜煮になります!
キンカンって、この程よい甘味、
程よい苦味、程よい大きさ、が、
絶妙、なんですよねー!
一粒で、ほっこりと出来ます。
しかも栄養価も高いのだから、
言うことなし!ですー。