とうとう、登場の時がやってまいりました。
お写真、「丹波黒豆枝豆」です。
産地はもちろん、
黒豆といえば!の、丹波篠山産
黒豆=黒大豆となるまでの、
若い鞘になった状態のうちに収穫されるのが、
この黒豆の枝豆
これ、枝豆の状態で収穫できるのは、
10月今の時期の、ほんの2週間ほどで、
収穫のタイミングが非常に短い!のです。
なので、流通も多いとは言えず、
手に入れる(→間違いのない上物を、ということですが。)
には、

市場等でその機を狙って確実に入手!、するか、
道の駅や現地まで赴く、か、

という方法をとることになります。
店でも、そろそろ出だすかな?ということ、
いつも市場でチェックを欠かさずに、入荷を致しております。
(ちなみに、以前ご紹介をした「紫ずきん」は、
この「黒豆の枝豆」をもっと広く利用してもらえるように、ということで、
もう少し早い目の時期から、かつ長い期間、広く流通できるように、と、
黒豆の枝豆を食するために、品種改良をされた特別な枝豆用黒豆、なんであります。
それはそれで、抜群に美味しい!のです。)

この、出回る時期がわずかであるにもかかわらず、
皆がこぞって手に入れたい理由、
それはもちろん、
この黒豆が、味が濃くて、美味しいから
ということに尽きます。
コクがあって、旨味もあって、
とにかく濃厚で、とっても深い、味わい。
一粒で、十二分なる美味しさが、しっかりと味わえる枝豆。
紛れもない、これも、秋のお楽しみの、一つ
一鞘分、口に入れたなら、
濃い風味が、一杯に広がります。
ああ、秋やなあ、、、とほっこりするんですよー!

丹波黒豆の枝豆、
これからあとほんのしばらくの期間ではありますが、
お献立、八寸の中のお一品として登場いたします。
秋の美味!です。
皆様、是非に!

かつて、「美味しんぼ」に
登場したことで、
知名度が全国区になった、この黒豆の枝豆。
コク、芳醇な旨味が、
やっぱり、違うんですよねー!!!!