栗仕事、始まっております。
合間をみては、
鬼皮を剥いたり、渋を一つずつ丁寧に取ったり。
上写真は、湯がき作業。
柔らかくなったら、いよいよ蜜で炊いていきます。

普段は、カウンター端から見えるところの、
厨房壁にひっかけて収納している、
大きな大きなアルミ鍋、二つ。

「その大きなお鍋、どんな時に使うのですか!?」

とのご質問を頂くことも多いのですが、
この栗作業中は、毎日フル稼働!なんであります。
この二つの鍋を日々駆使し、
順繰り順繰り、炊き上げていき、
その傍らでは、次に炊く分の栗の皮剥き作業をして、、、、と、
これから日々、栗仕事は続いていきます。

「くりたの渋皮栗」
今のところ、今年の販売開始は20日過ぎ頃を予定しております。
市場では丹波栗も出回り出していますけれど、
店で使う3Lサイズの大きなものの入荷が、
今年は少々遅れております。
なるだけ早く完成できる様、でも丁寧に心を込めて、
皆で、手を尽くします。
販売開始の折には、またお知らせさせて頂きますね。
それまで、今しばらくお待ち下さいませ。

今年も美味しいのん、出来ます様に!