お写真、「高原花豆」です!
高原、と名の付くだけあって、
主に高冷地で栽培される、このお豆。
写真のものは、群馬県は嬬恋村、から。
他の生産地としては、長野県や北海道なども有名です。
標高が高い場所ほど、大きくて美味しいものが出来る、らしく、
でも、その分栽培は難しく、生産量も多くはないので、
市場では非常に高値で取引がされる!という、
高級豆の一つ!なんです。

この花豆、その特徴は兎に角大きいこと
乾燥した状態でも、このぐらい。

この時点でそこそこの大きさではあるのですが、
これを半日ほど水に浸すと、、、、


こんな風に!
もちろん、左は乾燥豆、右が水で戻したもの
1.2倍位の感じでしょうか?
これをさらに一晩水に浸けてゆっくり戻して、
その後水から湯がいて、沸騰したなら水を入れ替えて、、、を、
何度も何度も繰り返し、好みの柔らかさまでもっていきます。


で、一番右端、
これがちょうど湯がきの途中段階のもの!
この時点で、まだ他に調味料等入っておりませんが、
随分と黒く、模様も目立たなくなっていますよね。

そして、これでよし!の柔らかさになったなら、
いよいよ砂糖と醤油で味を入れていきます。


ということで、
一番右端が、一番最後の到達点、味を入れた、完成品!です。
左の乾燥豆から見たら、1.5倍位にもなるでしょうか?
個体によってはそれ以上になるものもあります。
こんなにも大きくなるんですよー。

でももちろん、特筆すべきは大きさのみならず、
お味だって◎
一粒の中に、
豆のもつ旨味、調味料もあいまって引き出される甘みが、
ぎゅうーーーーっっと詰まっていて、
これがとことん、美味なのです。
豆の魅力を一粒で存分に味わえる、このお豆。
満足感が、凄いのです!

高原花豆、これからしばらく八寸の中のお一品として、
お献立に登場いたします。
ほっくり、ほっこり、いたしますよー。
皆様、是非に!

あまりの大きさに、

「最初、しいたけが炊いてあるんかと
思ってしまいました!」

なんてお声を頂くことも、よくあったり。
(確かにー!笑!)

大きくて、ふっくらしてて、
旨味があって、美味しくて。
満足度、高し!