朝晩、随分と涼しくなってきております。
日中は少し暑いかな、と感じることもありながら、
例年の比ではなく、
時折肌寒さを覚えることさえもあったり、で、
日毎に秋は進んでおります。
居残る暑さに悩む、なんてことが、
かつては9月の常だったような記憶もあるのですが、
そんな気配もないままに、9月もあと数日を残すのみ、です。

が、ここにきてまたしても悩ましいのは台風、ですよね、、、。
台風24号、この週末から週明けにかけ、
日本列島縦断のおそれがあるとのこと、
まさか、の進路。
数日前天気図を見ていた時には、
今回は日本には来そうにないな、と、気楽に構えていたのですが、
このまさかの、進路、、。
こんなにぎゅいん、と曲がってくるとは、、、。
ともあれ、接近前から大雨に注意、とのことですね。
明日は本州はまだ晴れ間も見えるとのことですから、
出来る備えをしておきたいと思っています。
これからどんな経路辿るかはわかりませんが、
皆様も呉々も警戒しながらお過ごし下さいますように。


さて、秋王再び、のお話など。
国産の松茸、今日の入荷は信州から。
箱の上の覆いを取った途端、
ふわわわっっと、なんとも言えん、いい香り。
これぞ、秋
秋の楽しみ、ここにあり

いつも思うことなのですが、
香りや、旨味、ならではの食感
「松茸」自体が美味しい、ことは、
これもちろんなのですが、

ああ、秋がきたんだな、秋だな、、、!!!

と、味わいながら、
しみじみとその季節の到来を実感する
「季節感」季節を愛でる感覚のようなもの、もひっくるめての、
深い、繊細な味わい、なんですよね。
この感覚は、やはり日本人ならでは、
ということになるのかもしれませんよね。
秋、礼賛!なのです。

松茸、只今主に夜のお献立に、
「土瓶蒸し」として、登場中!です。
しみじみ、ほっこり、いたしますよ。
皆さま、是非に!
(日により、またご予算によりご用意できない場合も
ございますので、詳細については是非お尋ねくださいませ)


この、ふわりと鼻の奥にまで届く、
優しいんだけど確かな香りを前にすると、
もう言葉はいらない気がしてしまいます(笑)