今年もこの時期がやってまいりました。
紀州から届いた「南高梅」
十分に熟れて、
箱を開けた途端、ふわわあぁっっと、
辺りに甘酢っぱい香りが漂います。
自然と鼻で、深呼吸。
なんとも言えん、いい香り!です。

毎年欠かせぬ梅仕事
美味しい「梅干し」を作ることは、
料理屋にとって、
こと京都の料理屋とっては、
夏の間の必須アイテム、
自家製の「梅肉」をつくるため、
これ、外せぬミッションの一、なのです。
(但し、今年分の「梅肉」は、去年漬けた梅干しを使うので、
これから漬けるものは、来年用、ということになります)

そして、梅干し作りの中で、
もう一つ大事なこと、
それは、「生酢(きず)」を取ること!
梅干しを漬ける過程で、あがってくる上澄みの水分、
これを丁寧に取って、保存します。
これが、本当に万能の調味料
お料理に色々と使え、何かと重宝するので、
この生酢の確保、これが非常に重要なんですよねー。

さて、
まずは傷をつけぬようヘタを取って、
一晩水に浸けてアクを抜いて、、、、と、
いよいよ作業開始!です。
今年も美味しいのん、できますようにーーー。

梅を水につけると、
表面の起毛が水を弾いて、
こんな風に透明ががって見えるんですよね。
この様子があまりにもキレイで、
いつだってこの作業の際には、
じいいいいっっと、見入ってしまうのです。
美しいーーーー!