お写真、
「八幡巻」です!
ごぼうをうなぎで巻いて、
タレを焼いて仕上げた、お一品。
この時期使うごぼうは、「新ごぼう」!
通常のごぼうは秋から冬に旬を迎えますが、
それよりは随分と早い目、まだ若いうちに収穫をするのが、
この新ごぼう。
とっても柔らかくて、また香りも良い!というのが特徴です。
八幡巻は、お正月のおせち料理に使ったりもするので、
一年のうちで作る機会が何度かあるお品ですが、
この「新ごぼうの八幡巻」は、やはりこの時期ならでは。
柔らかくて優しい風味の新ごぼう、
いよいよ美味しい時期やなあ、と、
登場を喜びながら、作ります。

ところで、この「八幡巻」。
語源は京都の「八幡」にある、と言われています。
八幡市は古くからごぼうの産地であることが知られており、
また天然鰻が獲れたこともあって、
それらを上手く組み合わせて生まれたのが、
この「八幡巻」である、なんだそうです。
うなぎ以外でも、穴子を使うものや、
あるいは牛肉を巻いてみたり、という例も、
最近ではよく聞きますよねー。

串にさして、
タレをかけながら、
じっくり遠火で焼いて、仕上げます。
鰻と、ごぼう。このゆるぎなく美味しい、このマッチング!
仕上げには、山椒でピリッと。
ほんまに、たまらんのです(笑!)

「新ごぼうの八幡巻き」、
これからしばらく、八寸の中のお一品、として、
お献立に登場予定です。
初夏の鉄板、です!
皆様、是非にー。

鰻の旨味に、
柔らかで爽やかな新ごぼう。
表面にはちょうどの焦げ目に、
甘辛いタレが、
じっくり染み込みます。
そこに山椒が、ぱらり。
こんなに「完全」だと思われる
組み合わせが、
あるでしょうか!?(笑!)
間違い、ないんです!