ここ数日、ぽかぽか陽気の続く、京都市内です。
春エネルギー、ぐぐぐと勢いづいているようで、
数日のうちに、随分と暖かになっています。
こんな時期には何を着るか悩みますね、、、という会話が多くなったり、
こうなってくると耳にするようになるのが、
桜、桜、桜
途端に「桜」の語、あちこちから聴こえてくるようになっています。
高瀬川の蕾も、
昨日一日見ぬうちに、
ぐいん!と、かなり膨らんで、
存在感を増すようになっていて!
色を帯びるようになっているものも、見られます。
昨日今日で一気に歩みが進んだ感があって、
西日本ではもう開花のみられた所もあるんだそうですね。
ペースが早いぞ、今年の桜!と、
早々に皆でそわそわとしだしております。
いずれにしても、
もう「その時」を楽しみに待つ時が、やってきているんですよねー。
これから日に日に、刻々と、
変化を遂げる日々が続くことになります。
実は毎年、開花までのこの時期も、
楽しみでなりません。
今年も、その姿、見届けたいと思っていますー!


という訳で、
今年ははや「花」の方に話題が持っていかれがちなこの月なのですが、
これぞ3月!という食材の、ご紹介。
お写真、「ハマグリ(蛤)」です!

一対の貝殻が、
大きさ、模様等がピタッと合う、ということから、
(実は他の二枚貝でもそうではあるのですが)
将来、長く添い遂げられますように、
幸せになりますように、との願いを込め、
縁起もの、として、
こと三月の女子の節句に食されることの多い、ハマグリ。
古くの時代には、
「貝合わせ」(トランプの「神経衰弱」の貝版)の遊びがあって、
姫君が楽しまれていたことは、
良く伝えきくところですが、
確かに蛤の貝殻、
一つ一つはっきりと違う景色があって、
しかも、模様がくっきり、としています。
この自然の意匠の美しさ!には
いつも目を奪われるのですが、
この模様の線が明確である、という点、
これは国産のものならでは
である気がします。
ぼやっとしたした感じではなく、
線が比較的、はっきり、ぱきっと、しています。
内湾で獲れた、国産ならでは、の特徴なんですよねー。

写真のハマグリは、三重県桑名産
最近は店では熊本産のものを使うことが多いのですが、
今年は、伊勢湾のものがよく入荷しています。
大きくて、身はふっくら、
天然の塩味を含んだ、間違いのない旨味、
これは、美味しい!
店では、お吸い物にしたり、
あとは、その手はくわなの、、、、(笑)
、、ということで、
店ではあとしばらく、
色々な形でお献立に(日により)登場予定です。
皆様、是非にー!