2月もはや3日が過ぎ、
今日は節分、ですね。
御来店のお客様の中にも、
「八坂さん(八坂神社)に行ってきましたー」
「舞妓ちゃんの豆まきの豆、上手くキャッチできませんでした、、、」
「吉田さん(吉田神社)、とっても混み合っていましたよー!!!」

等々、お話くださる方が多く、
皆様、各寺社の節分祭を楽しまれているご様子で、
私も店に居ながらにして、すっかり節分気分!
なんとも耳福、な1日でした。
にしても、今年の節分、
どこも例年よりも随分とお人さんが出ておられるとのこと、
やはり、週末の土曜日という暦まわりもあるのかもしれませんね。


さて、今日はそんな節分らしいもののご紹介。
お写真、「枡(升、ます)」を模した、
今の時期の八寸のおひとしな、なんです!
魚のすり身を卵白や出汁と合わせて出来ていて、
中にはなんと、
豆まきの豆を一緒に練り込んであります。
この豆も、大豆から丁寧に炒って、
皮を取って、湯がいて、半割にして、、、
と、これもちょっとしたお手間いり(!)
でもそうして作ったしんじょうの枡、
豆の炒った風味が絶妙で、
なんとも美味しいんですよー!

枡形、これからしばらく、
八寸の中に登場予定です。
皆様、是非にー!

そして本日店の一同の間では、
節分といえば、の恒例のあれやこれや、も。


まずは、「恵方巻き」
ずっと懇意にさせて頂いている、
お寿司屋さんのものです。(いつもおおきに、ですー!)
今年の方位は南南東、とのこと。
願いを込めて、かぶります!
恵方巻きも、今やすっかり全国区、なんですよねー。


そして、これも欠かせない!
「法螺貝餅」(ほらがいもち)
東山安井の柏屋光貞製。(いつもおおきに、ですー!)
「常はでません」と包み紙の文句にある通り、
本日「節分の日」のみ販売されている、お菓子なのです。
中には、味噌風味の餡に、甘く炊いたゴボウ、
それが焼き生地でうまいことくるっと巻かれ、
法螺貝の形になっています。

毎年、変わらぬ、間違いのないお味。
本当に、ほっといたします。
本来は厄除け、の意味合いのあるお菓子なのですが、
この、「毎年同じ日に、同じものを頂く」、ということ、
忙しさの中、時間、暦の流れを忘れそうになっても、
はた、と気づいて立ち止まって、
一旦お茶なぞいただきながら、ほっこりする。
一口入れると、
去年はどうだったかな、そういえば一昨年は、、、、と、
過去の記憶を自ずと思い起こしたりもするので(笑!)
今ある自分を確認する、というお菓子であるようにも、
思います。

と、そんなこんなの今年の節分、
明日は、立春、ですね!
でも、「立春寒波」となるエリアも多いとのこと、、、。
どうぞ皆様、お気をつけくださいますように。
(私も警戒しますっっ、笑!)