こんな珍しい食材も入荷いたしております。
お写真「みずの実」です!
山深い渓流沿い湿地に群生する山菜なんだそうで、
以前からちらちら市場などで姿を見かけながら、
不思議と扱う機会を得られずにいた気になる食材(=大将談)で、
今シーズンになってようやくお料理に加わることとなった、
山からの秋の恵み、です!

植物の名は、「ミズ」(=正式には、ウワバミソウというんやそうです)。
ちょうど、秋田がご出身であるお客様から、

「ああ、これ、「ミズのコブコ」ってやつですよねー!」

とお教え頂きました。
コブの子。確かに、茎の途中に
コブのようにぷくっとぷくっと連続して実がなる、
とういうような、この姿。
調べてみると、
これはいわゆる「ムカゴ」で、
茎の一部が膨らんでして形成される、実のようなもの、なんだそう。
(ちなみに、「ムカゴ」が出来る植物は他にもいくつかあるのですが、
一般的には、山芋の「ムカゴ」がとりわけ有名なので、
むかごといえば、山芋のものを指すイメージがありますよねー。)

何と言っても、 魅力は食感
独特の粘りがあって、しかもシャキッと感もある。
この、
今までに味わったことがない
という、感覚が、じつにクセになる。
アクもさほどでもないので、
これなら、あれにも、これにも、、、、と、
色々と、イメージは広がります。

みずの実、これからしばらくお献立に登場予定です。
美味しいし、驚きがあります!
皆様、是非にー!

新食材、いつだって
ワクワクいたします!
これだから探求はやめられない。
まだまだ世の中には、
知らんもんが山盛ありますね。