蒸し暑い1日だった、今日の京都です。
でも、暑いとはいいながら、
日の差す感じは、もう、残暑
暑いことは暑いんだけれど、
肌に届くその感覚が、真夏のそれとはすでに変わってしまっています。
もう8月も後半戦ですものね。
甲子園だって明日は準々決勝、
外を自転車で走っていると、
トンボの姿も見かけるようになっています。
それから、今日は第3週末の週末、とあって、
町なかの町内では、地蔵盆が行われていたり!
おそらく、今週か来週末に行われる、というお町内が多いのかな、と思いますが、
地蔵盆の様子を見かけると、
あ、夏ももうすぐ終わってしまうな、、、、と、
少し物悲しい気分になってしまったり。

何しろ子供の頃は、
地蔵盆といえば、夏のビッグイベントの、一
数珠回しやら、ゲームやら、おやつコーナーやら、
のど自慢大会やら、盆踊りやら。
ワクワクイベント盛りだくさん!の日だったのですが、
でも、
お地蔵さんの縁日である24日あたりに行われることが多いので、
これが終わったら、夏休みも終わりが近いぞ、、、、、、
と、なにか寂しい気持ち、も心の片隅に感じつつ、、、
という楽しき行事ごとでありました。

そんな気持ちを引きずってか、
今だに、地蔵盆の風景、というのは、
夏終わりますよ、のしるし、というのか、
なんだかノスタルジックな気分になるのですが、
今は宿題もなければ、
「夏休み」なんて区切りもほぼほぼなくて(←訴笑!大将ぉーーー!!!)
夏の一場面にすぎないはずですのに、
子供の頃に一旦培ってしまったイメージというのは、
恐ろしいものだな、と思います(笑!)

ともあれ、夏も終盤とはいいながら、
まだまだ「暑さ」への油断はなりません。
今年は8月中ちとお手柔らかだった分、
月が変わって、すごいのんが居座るかもわかりません。
どんな状況がやってきても、
なんとか、行く夏、乗り切ってまいりましょうねーー!


さて、お写真。
黒豆枝豆、です!
黒豆の枝豆といえば、
丹波産のものが有名ですけれど、
これは伏見の農家さんのもの。
早々に入荷しだしております。

お正月に登場する黒豆を、
莢の時点で採取するのが、黒豆の枝豆。
深い甘みに深いコク、そして濃い濃い旨味が特徴です。
収穫時期が、二週間ほど、と
ごくごく短い期間に限られているので、
市場でも出回るのは、ほんの数日、なのです。
でも、その一時期だけの、極上のお楽しみ!
店でも、入荷がある限り、
手に入れよう!と思っています。

というわけで、黒豆枝豆、
しばらく八寸の中のほんのお一品、として登場予定です。
美味しいですよー。
皆様、是非に!

旨味が、濃いーーー!