台風もきて、梅雨前線も停滞して、と、
お天気が荒れ模様だった週半ば。
今日も昼間は蒸し暑さの圧に押され気味だったのが、
夕方になっていきなり凄まじい雨に雷に見舞われたりして、
何かと天候について落ち着かない日々が続いております。
でも、まず心配なのは、北九州の被害。
多くの方々が避難を余儀なくされているとのこと、
また救助が続き行われている、という現状について、
ニュースでは刻々と伝えられていて、
ただただ祈る気持ちで、耳を傾けています。
「記録的豪雨」、の語も度々きこえてきていますが、
自然の脅威というものについて、
あらためて考えさせられている、数日です。


さて、今日のお写真。
緑も鮮やかで、フォルムも美しいこの葉っぱ、
「梶(カジ)」の葉なんですー!

なぜ今日この葉をご紹介するのか!?
それは、今日七日は、七夕
この梶の葉は、七夕にとっても所縁のあるものなんです!
というのも、
その昔、「紙」というものが無かった頃には、
この梶の葉に墨で和歌や願いをしたためてお飾りをされた、
(今でいう、短冊の役割の原型ですよね!)
ということがいわれているんですねー。

七夕といえば、天の川
今晩こそはみられるのでは!?と、
晴れていた昼間に淡い期待を抱いたのですが、
夜はやはり、曇り空!
この「期待を裏切ります」ということの、
「裏切らなさ」、の確かさ、
ほんまに、恐れ入ります。

この日には(私には、ということかもしれませんが)
絶対星を見せへんで、という、
ここまで強固な確率、たいしたものです(笑!!!)
七日の夜に、見えた試しが、(私には、ということかもしれませんが、笑)
一度だって無いのだ。
旧暦、新暦、の違いがあるということは、
大人になった今でこそ、のむべき事情ではありますけれど、

「ああ、今年も織姫さんと彦星さんは会えへんかったかもしれへんな、、、、」と、

ひどく気落ちしてしまった頃もあったのにな!

梅雨時期であるからゆえ、
天の川ならず、星でさえも見え辛い時期であること、
きっと今の教育事情だと、うまく網羅して説明をされているのかもしれませんね。
(最近の七夕教育事情、どんな感じなのでしょうか?)

ともあれ、七夕ならではの、
この梶の葉ですが、
1日だけの登場ではもったいない!ということで、
店では、あとしばらく、
お献立のどこぞに登場予定です。
ご来店の皆様、
あ、これか!と思っておくれやすね!
是非にー!