はや、暑さ対策が必要になるとは、、、。
市内は20日に今年初の30度超えで、
以来、夏を思わせるような暑さが数日続いています。
「暑いですね、、、」が、挨拶の初っ端の決まりフレーズになっていて、
そのあと必ず、
「まだ5月なのに、ねぇ、、、、、、。」
と続きます。
もう少し爽やかで涼しい感じを味わいたかった、、、
というところが本音ですけれど、
こればっかりは自然のこと、どうにもなりません!
まだ暑さへの備え、心構えもないんだけれど、
温度変化になんとか順応していきたいと思う、
今日この頃、です。


さて、お写真。
「新サツマイモ」です!
夏のかかりの時季の旬食材、
ブログでもほぼ毎年ご紹介している気がしますが、
この時期の定番にして鉄板!
初夏の顔!なんです。

ただのサツマイモ、じゃあないんです、
これは、「新」のサツマイモ。
右の通り、随分と細いんです。
でも、成長途上で採取されている、
というんではなく、
この細い時期に美味しさのピークがやってくるよう、
手間をかけ丁寧に栽培をされている、という、
ちょっと特別なサツマイモ、なんです。

四国の鳴門金時が有名ですが、
長崎産、宮崎産、鹿児島産等、
九州
でも栽培がされていて、
写真のものは鹿児島産さつま金時
毎年同じ農家さんのものを手に入れています。

魅力は、といえば、
とにかく、きめが細かい
非常に、非常に、舌触りが滑らか、なんです。
そして、すっきりと、甘い
十分な甘味を感じながらも、
それでいて後味はすうっときれるような、心地良さがあります。

店では、輪切りにして、
甘く炊いたものを八寸の中のお一品、としてお出しするのですが、
それは、大きさとしたら、ほんの小さなもの。
でも、
その美味しさと言ったら!!!
こんなに小さいのに、
しっかりと、強烈に、印象に残るお味。
毎年思うことなんですが、
実に力のある、食材なんです!

新サツマイモ、これからしばらくお献立に登場予定です。
皆様、是非にー!