今日で3月も終わり、
明日からいよいよ4月、ですねー!
冷たい雨が1日降り続ける、という、
少々寒いお天気模様だった、今日3月最終日。
昨日は驚くほどのポカポカ陽気で、
用心で厚着をしていると、汗ばんでしまう!というような気候だったのに、
今日はうって変わって、着込むわ、羽織るわ!
このダイナミックな温度差に、
少々身体が堪える、という、今年の年度末、でありました。

そんな中、実は!
暖かだった一昨日辺りから、
店の近くの高瀬川の(私の)基準木にも、
ちら、ちら、と、
開き始める花を確認!しております。
今日のこの春の雨により、その状況はあんまり変わってはおらず、
辺りはまだ蕾の枝がほとんど、の中、
1輪、2輪、がぽっと頼りなげに花を咲かせています。
今はこんなに微かで、儚げなんですけれど、
咲き誇る、という時期は、すぐやって来るんですよねー。
今日、京都では開花宣言もあったとのこと、
ああ、いよいよだなあー、と、
気持ちを新たに、しております。

さあ、そんな中、
店では、こんな「準備」なども始まっております。

お写真、青竹、なんですが、
これ、店の春のお献立には欠かせない、
「お豆腐のお田楽」に使う、「串」を作るための、材料なんです!

もちろん、市販品として、
緑色に染めた、色んな長さ、太さのものが、
道具屋さんでは数多く売られてはいるのですが、
新鮮な、その時期の青竹のもの
そして、店の器に合ったサイズ感で、
手にもしっくりと馴染む「ぴったり」のもの、
ということになると、
やはり、自ら作らざるを得ません。


という訳で、
3月末4月初のこの時期は、
合間の時間はひたすら串職人と化し、
(今日まではぐじしゃぶ職人と併任だったのですが!)
竹を割って、削る、という作業に勤しんでおります。
やっぱりこのパツんと響くような、鮮やかな緑色
目にも心地よく、気持ちがよろしおす!

で、この串が脇役割になう、お豆腐の田楽
これから4月末頃まではお献立に登場予定です。
お味噌が3種の3色田楽に致しております。
それぞれが違う味わいで、
楽しんで頂けること間違いなし!のお一品です。
皆様、是非にーーー!

実はこれ、
大将の要望に合わせ作っている、
いわば、「大将仕様」串、なんです(笑)
これくらいの長さで、
これくらいの太さで、
出来るだけおとうふに刺しやすいよう、
かつ、動かした時おとうふが崩れんよう、に、
しかも、節の位置のバランスも
見た時に格好のええように、、、
と、
色々とイメージ、リクエストがあって、
それに応えた、形になっています。
オーダーメイド、どすね!