ここ数日のうちでは、
少しだけ寒さも勢いを潜めた感のある、今日の京都、です。
なにしろ、このところの底冷えは厳しくて、
北海道から来て下さった御客様が、
「京都って、寒い、ですね、、、。」と、
寒さの質が違う!ということをお話し下さったり、ということもあったりして、
改めて、京都の底冷えを再確認!する、この頃でした。
足元からじわりじわり、じいーーん、と伝わる寒さが、
堪えるんですよねー、、、。

とはいえ、
今日はそれもほんの少しはましで、
おそらく、ほんの少しは暖かに感じられた、節分の一日、でした。
市内、色んな寺社で節分の行事ごとが行われていて、
いつもなら、ちょいとどこぞの節分会へ!と繰り出したりするのですが、
今日は何やらバタバタしており、出向けず!
でも、
御来店のお客様の中には、
節分の行事へ赴かれた方が沢山おられ、
その賑やかで楽しいお話お聞きしながら、
一同もすっかり節分気分!の一日でありました。
皆様はどんな節分の日を過ごされましたか?

では以下、今日の店の節分の日のいろいろ、です!

いわし。
店では2月の前半、
八寸の中のお一品として登場予定、です。

節分の日だけ販売される要予約の御菓子、
「法螺貝餅」。
柏屋光貞製。

いつも懇意にしているお寿司屋さんの、
恵方巻!
今年の恵方は、北北西。

御客様から頂いた、
廬山寺の蓬萊豆!
紅白二粒頂くと、
寿命が6年伸びるらしい!
口に運ぶと、
外側の砂糖のコーティングが
しっかりしていて、
中の豆に到達するまでに、
思ったよりも、時間がかかる!
その、短くはない、
でも驚く程に長い、という訳でもない、
という、その「間」が、
「6年」の時間を
絶妙に表現しているようで、
なんだかとっても腑に落ちるような心地がしてしまいました(笑)
美味しさ噛み締めながら、
6年あったら何が出来るかな、ということに思い巡らせました。