とうとうこの日を迎えました、大晦日。
年末の怒濤の戦い、料理屋にとっては一年最後の大仕事、
おせち作業を先程無事終え、やっとこさ皆で一息ついております。
とはいえ、
発送をさせて頂いたものについては、
衝撃でレイアウトが崩れたりしていないか、ということから、
皆様、お味はどうだっただろう、喜んで下さっているかな?ということまで、
自信を持ってお作りしているものではありながら、
兎に角、まだ2、3日は緊張の日々が続くことになります。

「くりたのおせちで新年を迎えよう!」と、
お買い求め頂けることの、この有難さ。
こんなに光栄なことはなくて、そしてそれだけに責任も重大!です。
心を込めて皆で仕上げた品物はすでに手元からは巣立って行ったので、
あとはただ、ただ、喜んで頂けますように、と、
祈る様な気持ちで、一同、現在片付け作業に勤しんでおります。

今年もあと残すところ、数時間。
一年の反省会などしつつ、片付けもしつつ、
2016年を締めくくりたいと思っています。
今年もご愛顧、誠に有り難うございました。
そして、来年2017酉年も、一同ますます羽ばたいて参りますので、
何卒、何卒宜しくお願い致します!

では皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

京料理 くりた  一同

最後に、おせちの品目のお話など。
左写真、今年初挑戦の、
花百合根
百合根の蜜煮、です。
良くある手法ではあるのですが、
店のおせちでは初のラインナップ、
私にとっても、
初挑戦のカット作業、でした。
これには、本当に泣かされました、、。
見た目にキレイなので、
楽しい作業なのか、と思いきや、
楽しいのは最初の3個までだった、
という(苦笑!)
作れども作れども、終わらぬ!
ちょっとのことではめげない私が、
2丁づけ(=おせち一つに2個入れる)
にしようか?」
との大将の提案を、
今回ばかりは、と頑として首を縦には降らなかった、という、
なかなかの強者でありました。
というわけで、おせちには一つしか入っておりませんが、
お買い上げ下さった皆様、どうぞ、
「お、これか!」と思っとくれやすね。
でも、ちょっぴり残る敗北感、悔しおす。(味は、おいしおす)
来年こそは、もう少しカットの腕をあげます!