寒いです。今日は本当に「寒い」一日でした。
冷え込んできてはいても、12月の京都にしては少々なまぬるいか!?と、
半ば訝しがりながら過ごしていたこの半月だったのですが、
さすがに今日は、しっかりとした底冷え。
少々の寒さではへこたれぬ、暑がり代表の大将の口からも、
朝から何度となく「寒いな、、、」の台詞が飛び出していて、
相当に寒いのだな、ということを実感するような、寒い寒い一日でした。

でもこの寒さ、
寒がり代表の私としては、
普段ならば顔をしかめるところなのですが、
12月の今に限っては、幾分ほっとしています。
なぜなら、月の半分を過ぎた今は、
年末のおせちの、あれやこれやの仕込み中。
食材の準備の準備、というような作業はすでに始まっていて、
その「下準備」の間でも、食材への影響がなるだけ少ない様、
作業中の外気の温度はなるだけ低い方が良い、んです。
これが暖冬でもっと気温が高かったりしたならば、
冷房をつけてでも、室温を強制的に下げて作業をする、
ということになります。

ほっとしている、とはいえ、
予報ではこの寒さも、おおかた明日まで、とのこと。
店としては、
対策を練らねばならないかもしれません。

おせちの作業って、
「この日にその品目を仕上げるためには、
今これをして、次の日にはこの作業をして、、、」と、
全てが完成日からの逆算をして予定を組む、というスケジュールで、
日々を重ねることになるのですが、
天候や、入荷状況によって、
臨機応変に予定は組み直さねばならず、
兎に角、常に、最善を目標としながら、
「段取り」とともに過ごすというのが、店の一同の12月後半であります。

そんなこんなで、
今年も残すところあと2週間ですね。
悔いなきよう、駆け抜けたいと思いますー!

なにかと気忙しく、慌ただしい12月。
なるだけ冷静に落ち着いて、と
言い聞かせてはいるものの、
慌てたり、焦ったり。
ああ、こんなことではあかんなぁ、
と反省していた矢先、
ふと、
とある仕入れ先からの納品書みると、
宛名が、

「くり 様」

になってるーーーー!

慌ててるのは自分だけとちがうんやな、と、
妙に、妙に、癒されました。