今、毎日仕入れられ、店の生簀で元気に泳ぐのが、これ。
お写真、琵琶湖の「ホンモロコ(本諸子)」です。
コイ科に属する淡水魚で、
本来は琵琶湖固有種のお魚なんですが、
近年、各地に移され養殖も盛んに行われるようになっているとのこと。
なので、琵琶湖近郊以外の地域でも見かける機会もあるかもしれません。

とはいえ、やはり関西以外から来られる方は、
初めて聞く名前です!と仰る方も多くて、
しかもこれがあんまりに美味しいものだから(!)
初めまして、にして
強烈、鮮明な印象を残す出会いとなってしまう、
ということが多いのが、
このホンモロコ、なんです。

店では今の時期、串を打って
シンプルに塩焼きにするのですが、

「こんなに小さいのに、旨味の濃さがスゴい!ですねー。」
「お箸が止まらなくなってしまいそうです、、、」   等々、

あぁぁっ、おいしいっっ!と皆様口々に仰います。
しかも、一度食べるとその「美味の記憶」が脳裏にしっかり焼付いてしまうので、
「ホンモロコ、そろそろ出ますか?」
と御予約下さることも多くて、
それを狙って御来店頂く、なんてこともしばしば。
あるいは、
「いつか店で食べた、塩焼きにした小さい美味しい魚、
あれ、なんて名前でしたっけ?」
というお尋ねもあったり、
兎に角、皆様一様に仰るには、
「忘れられない、美味しさ!」である、ということ、なんですよねー。

確かに、
香ばしい独特の香り、
濃い旨味程よい脂感、そして心地の良い苦み、が
一尾の中に、
見事なバランスでぎゅっと詰まっています。
たった一尾を口の中にいれるだけでも、
非常に、非常に満足感が、あるんです。

ホンモロコ、これからしばらくお献立に登場予定です。
一度食べたらもうその虜になってしまうこと、
間違いなし、です。
皆様、是非に!
(日により、また御予算により、お出し出来ない場合もありますので、
詳細については、是非お尋ね下さいませ)

こんなに小さいのに、
ほんまに力のある、魚です!