今日はこんな珍しいもののご紹介、を。
お写真、「ミンククジラ」です!
部位は「尾の身(おのみ)」
背びれから、尾の付け根あたりになるのですが、
鯨の肉の中でも、最も美味しいとされる部分のひとつ!なんです。
もちろん、クジラ自体常に入荷がある訳でもなく、
部位を指定して手に入れる、なんてことも難しいので、
これこそ、本当に、運、タイミング。
少し前にも、運良く頬肉(ほほにく)の部分を入手したことはあったのですが、
尾の身は、久し振り!!!
霜降の、見事なこと美しいこと
思わず、前から、上から、横から、
さらには寄ってみて、と撮り続け、
鯨肉、まるでモデルさんさながら(笑)
でも、そのくらい完璧なこのサシ加減(サシと称するのかはわかりませんが)、
ほんまに、うっとり、です。




店では、お造としてお出しいたします。
これね、全く臭みがなのです!
いや、さすがに鯨だから、と恐る恐る口に入れても、
臭みや、クセなんか、殆ど感じません。
感じるのは、柔らかい肉質に、とろけるような脂
口の中には深い旨味がじわわっと広がるんです。
すうっと消えるような後口なので、
また続けて一切れ、と、口に運びたくなります。
鯨って、こんなにも美味しいのか!!!と、
あらためて思わせてくれるような、味わい、なんです。

尾の身、これからしばらくお献立に登場予定です。
(お献立によりお出し出来ない場合もありますので、
詳細は是非御予約の際にでもお尋ね下さいませ!)
美味しいです、皆様、是非に!