いよいよ、これが出回る時季がやってきました。
お写真、「黒豆の枝豆」
もちろん、品種は丹波黒
本来、実が黒っぽくなるまで枝上でもっと成熟させて、
12月頃になってやっと収穫して「黒豆」として世に出るものを、
その手前の状態、緑のサヤのうちに切りとって、枝豆として頂く、
というのが、この黒豆の枝豆
特にこの丹波黒は、黒豆として最高級品であるのはもちろん、
(ちなみに、店で冬に販売させて頂く「浮ぶどう」は丹波黒を原料としています!)
枝豆としても、やはりその美味しさは、格別!なんです。

ただ、この黒豆の枝豆、
収穫時期が、10月のほんの数週間に限られるため、
非常に、希少
手に入るのは、ほんの僅かな間だけ、なのです。
枝豆として美味しい時期のタイミング、が、
とっても難しいんだそうです。

とにかく、旨い。
旨味があって、コクがある。
口の中で、濃い、深い味わいが
じわりじわりと広がるので、
一粒を、一莢を、
ゆっくり楽しみたい気持ちに
なってしまうような、
そんな魅力があります。

丹波の黒豆の枝豆、
登場は僅かな期間に限られますが、
あと少し、ハ寸の中のお一品、としてお出しいたします。
秋の実りの、お楽しみ。
美味しいですよー!皆様、是非に!