今日は、旬の食材、というわけでも無いんだけれど、
こんな秋味!もありますよ、というお話。

上写真、鶏の手羽先を焼いているところ。
くの字の先っちょは出刃で切り離して、
元の部分を、じっくりと焼いております。

もちろんこれは下拵え、の段階ですが、
出来上がる予定のお料理、
この段階でしっかりと焼くのが、ポイント。
ちょっと焼きすぎたかな?位で、ちょうど良い、んです。

その加減は、こんな位!
普通の「鶏のソテー」だったならば、
裏返すのがちと遅かったか!と、なってしまうところかもしれませんが、
これから仕込むお料理には、この焦げ感が、ベスト。
この後、
さっと湯通しして余分な油を取って、
その後、中の骨を一本ずつ手で抜いて、
そこにとある別食材を差し込んで、
(料理用語では、「射込む」と言います!)
それからさらに、味をつけながら炊いて、
その後、その炊き汁と一緒に冷やし固めて、、、、と、
そこからも何工程かを経て、
やっと、一品として完成をみます。

そうして出来上がったものは、
八寸の中のおひとしな、として、現在皆様にお召し上がり頂いております。
どんなお料理なのか?ということは、
御来店後のお楽しみ!にさせて頂くとして、
お召し上がりの皆様、

「お手間入り、ですねーーーーー!これ、美味しいっ!」

と、感想をお寄せ下さいます。
確かに手数としては少なくはないのですが、
この焦げ感、そして鶏の旨味が、実に今の季節感にぴったりきていて、
非常に、心地が良いのです。
皆様の「美味しい」を聞くたびに、
しばらくは選抜メンバーから外せへんな!と、
せっせと仕込み作業に勤しむことになります。

心地良く感じる一番の所以は、
やはりこの、焦げ感と旨味の絶妙なバランス、なんでしょうね。
ちょっと香ばしいものが、とことんしっくりくるのは、
これ、秋、ならでは。
もちろん、春にも夏にも冬にも、焼いたものは登場するのですけれど、
香ばしい焦げ目、なんてことが、
味、イメージ、空気感、総合的に一番しっくりくるのは、
なんでか、秋のような気がしてしまう、んですよね。
(そんなことないですか?)

ともあれ、この香ばしい秋味のお料理、

あとしばらくは登場予定です。
皆様、是非に!

出来上がりの様子をほんの少しだけ御紹介。
周りは鶏の煮こごりで固められています。
旨いんだな、これが。
あれだけ焼いても、
一旦湯通ししたりするので、
苦みなんかは取り除かれ、程よい香ばしさが残るんです。
この焦げ感、非常によいバランス、なんですよね。
このくらいのパンチが、
今の気候、季節感、体の感じ方には、
しっくりくるような気がしています。