昨日のことになりますが、
梅雨の合間の晴れ間に、
紫陽花を観に、南の方へ足を延ばしてまいりました。


訪れたのは、京都の南、奈良に近いエリアの
木津川市加茂町にある「岩船寺(がんせんじ)」
創建は古く、天平元年(729年)に
天平元年に聖武天皇の勅願により、僧行基が阿弥陀堂を建立したのが
はじまり、なんだそうです(お寺のパンフレットより)。
「関西花の寺二十五カ所」の第十五番にも名を連ね、
四季折々、色んな花を楽しめるのですが、
中でも有名なのが、初夏のアジサイ
「あじさい寺」との呼び名もある程で、
境内の建造物の周りに寄り添うように植えられた5000株程の紫陽花、
今がちょうど見頃、でした。






紫陽花も見事でしたが、
みやこわすれや、睡蓮など、
どれも愛らしく、美しく、心洗われました。
ご本尊の阿弥陀如来座像(伝 行基作)も、
優しく、おおらかで、包み込まれるようなお顔をしておられ、
その佇まいにも、すっかり癒されました。

アジサイの見頃とあって、カメラを手にした方の姿も多く見られましたが、
それでも、少し交通の便が悪い立地であるからなのか、
混み合う、という程でもなく、
とてもゆっくりと、時を過ごすことが出来ました。
また季節をかえて、訪ねたいお寺、です。

、、そしてその後、もう一つお寺を巡ったのですが、
それについては、また次回に!
そこもまた素晴らしいお寺でした。
南山城(みなみやましろ)、本当に奥深いエリアです。