昨夜に発生した九州、熊本の大地震から一日が過ぎ、
その後も余震の情報が相次いでいて、
今もなお、その予断許さぬ状況に、
テレビやラジオから届く情報に絶えず意識を傾ける、という時が続いています。

その映し出される甚大なる被害の様子に、
また、続く余震の震度の大きさを聞くにつけ、
その状況におられる皆様の、ひとまずは「安全」ということを思わずにはおれません。

一刻も早く、事態が収束にむかうよう、
心より願います。
自然に物申すことは出来ないのかもしれませんが、
とにかくまずは、余震が一旦おさまって、
今以上に被害が拡大せぬこと、祈らずにはいられません。
そして、一日も早く、被害の現状の復旧が行われますこと、
心より、願っております。

京料理 くりた 一同