寒波、きてますねー。
京都市内、雪こそまだ降ってはおりませんが、
この冷たさは、まさに盆地の冬!
じんじんとくる寒さ、
じわりじわりと感じている今晩、です。

で、そんな寒い日には、
こんなあったか〜い、お写真など。



葛であんを作っている、上写真。
一体、なんの「あん」でしょうか?



そう、まさに出来上がろうとしているのは、
京都の冬の定番、
「蕪蒸し」(かぶらむし)ですーー!

今、蕪が非常に甘くなっています。
例年だと、12月頃から使い始めるはず、なんですが、
今年は暖冬の影響なのか、
1月の今になって、ようやく美味しい、おいしい蕪が手に入るようになっています。

かぶらの、甘いこと、あまいこと!!!
それに、具材の旨味、
そしてこの、「あん」が上手に相まって、
とことん心地の良い味わい、になるんです。
今の時期、欲しいのは、これ。
間違いなく、これ、ですよねー!

蕪蒸し、1月一杯くらいはお出し出来るかと思います。
今、ですよ!
皆様、是非にーーーーー。