11月最後のこの週末、
町なかは変わらず観光の方々でごったがえしていて、
おそらくこの週末が「人出」のピークの終盤、という感じになりそやな、と、
皆で話したりしています。
店に御来店の皆様も、やはり紅葉狩に出向かれた方が多くて、
自ずと今年の紅葉評!ということに話が及ぶのですが、

「まだ緑の木も多いように思うのですが、時期的に早いんでしょうか?」
枝によっては紅葉しているのもありましたが、、、
茶色く枯れて落ちてしまっている木も多くて、、、」

等々、
総合すると、
なんだかいまひとつ、、、
という意見がほとんど。
やはり今年は、ダメなんですね。
全国的にも同じ様な状況の所が多い、とのことなので、
(きっと、そんな中でも美しい場所もあるんだとは思うのですけれど)
今年は本当に、致し方なし、です。
自然のことゆえ、こんな年もあるんですよねー。
おそらく、10月後半の異様な暖かさ(半袖で歩いている人もおみかけするくらいだった!)
が影響したのかな、とは思うのですが、
こんなに悪いのはここ数年で一番である気がします。

とは言いながら、
一昨日より京都は(というか、京都も)急激に冷え込むようになっていて、
ここ数日、寒さが続いています。
それをもって、
もしかしたら、これから発色して紅葉する、なんてことが
も、もしかしたらあるんではないか!?

などという期待の混じった噂が飛び交っているのですが、
ううーーーん?、、、どうなんだろうな。
個人的な意見としてはそれは無いんじゃないかなあ?とは思いつつ、
これからの晩秋の紅葉の行方、見守りたいと思っています。

最後に、せめてもの、の意を込め、
お写真、柿の葉、です。
見事な発色!
色付き、模様も様々。
これは奈良の吉野からきているもので、
いわゆる
敷葉(しきば)なのですが、
こんなにきれいに色付く葉もあるんですものね。
今年の紅葉は悪い、と一言で言いながらも、
中には美しく発色している枝もあったりするので、
一概には言えない所ではありますよねー。

ともあれ、
今この葉っぱをお料理の脇役というか
添えに使っているのですが、
この紅い葉からお話が色々と始まったりすることも多くて、
楽しいのです!