雨続きの昨日今日、思いもかけず気温も下がらず、
肌寒さも余り感じず過ごしているここ数日、です。
そんな中、夜の夜間拝観が始まっている寺社も多く、
永観堂に行って来ました!」などというお話もよく耳にしたりしています。
市内の紅葉(イロハモミジなど)、まだまだ色付き始め、という状況のようですが、
木により真っ赤になっているものもあるらしく、
お人さんの混み具合等も全て合わせ考えると、
一番のピーク時よりはゆっくりと楽しめる、というのが、今!かもしれません。
そして、今日の時点でキレイとの声が上がったのは、
貴船神社!やはり町なかよりは色付きが進んでいるようで、
見頃、とまではいかないまでも、美しかった、と
出向かれた皆様、仰ってました。

現時点では、北の方面がやはり色付きは進んでいる様子、ですね。
これからどんどん情報は入ってくることと思われますので、
また、随時、お知らせさせて頂きますねー。

さて、お写真。
「海老芋」です!
早くも第一弾が入荷し出しています。

秋〜冬シーズンにかけての京野菜の代表、「海老芋」
上写真、土付きなので見え辛いかもしれませんが、
よく見ればエビによく似た縞模様に、形はくいっと曲がっています。
この姿から、「海老芋」の名があると言われているんですね。

それで、ちとややこしい話ではあるのですが、
写真のものは、富田林産
京野菜でありながら、産地は大阪、なんです。
現在、海老芋の産地としては、
静岡の磐田、そして大阪の富田林が、
二大生産地となっていて、(シェアとしては磐田が一番)
店では、富田林のものを好んで使っています。

本来、海老芋は京都が発祥、ではあるのですが、
おそらく栽培に際し、
土壌条件がより適している地が他地域で見出され、
次第に他のエリアへ生産地が移っていった、等の
諸事情があるのかと思われます。
(ただ最近は、京都産の海老芋も盛んに栽培されるようにはなっていて、
早く良いものが手に入るようになればいいな、と、期待していますー!)

海老芋、種類としてはサトイモの一種ではあるのですが、
これが、ただのお芋ではないのです!
質感はねっとり、非常に、非常にキメが細かく
口にいれるととろける様な、なんとも言えん食感、口どけがあって、
そこからさらに、芋の甘味深いコクが口一杯に広がります。
「裏ごししてあるのかと思った、、、」
「海老芋って、こんなに美味しいお芋、なんですね!」等々、
びっくりした!との感想がとっても多いんです。
一度食べると、クセになる。
記憶に残る味わい、それが海老芋、なんですーー。

店では、ほっくり炊き上げた海老芋に、
コッペガニのあん昨日、ブログでご紹介したものですー)をとろりとかけて、
お召し上がり頂きます。
この両者のマッチング、是非一度店でお試し下さいませ!

海老芋、これからしばらくお献立に登場予定です。
(現在、主に夜のコースでお出ししております!)
皆様、是非に!