秋の深まる、10月2週目。
「今年の紅葉はどうなりそうか?」なんて話も、
もう早速に巷では出始めていて、
例年よりも早そうだ、という説が一番有力である感じがしている今日この頃。
確かに、ほんのりと色付き始めている街路樹もあったり、
体感的にも、今年はきっと早くその時はやってくるんではないか?と
予想したりしています。
紅葉情報については、またその都度ブログでお知らせさせて頂きますね。
にしても、もうそんな季節なんですね。はやい、はやいっ!


さて、上の「お写真。
なんと、
生の「ししゃも」なんです!!!
厳重に氷にあてられ入荷したのは、
ししゃもの本場、
北海道浦河、から。
きらきらと、すっとした魚体がなんと美しいことか。
ししゃもは漢字では「柳葉魚」、と書くのですが、
の状態だと、より一層その名に納得がいきます!

ししゃも、と言えば、
最近では国産のものはめっきり漁獲量が減って、なかなか手に入らず、
それに替わって輸入品である近種(例えばカペリンと言われるもの)が
非常に安価で一般的には出回っていて、
すでにそれが「ししゃも」というものである、と言わんばかりに、
一般的なスーパー等では流通をしている、という現状があるのですが、
やはり、
本物の「ししゃも」は、違う!!!
旨味、食感、コク、深み、全てにおいて、全く違う!
もちろんお値段だって違う、ということにはなるのですけれど、
それでもその差は心底納得がいくぐらいに、美味しいのです。

店でも秋の味覚として、毎年楽しみに仕入れるのですが、
通常仕入れるのは、浜で揚がった後ちょっと干した状態にしてから届く、
いわゆる一夜干しのもの
干すことにより、一層旨味が凝縮して、
それは美味しくて、極上(お値段も極上!)の素材なのですが、、
今日、珍しく、これ本当に珍しく!、
シーズン最初に、生のものが手に入ったのです。

生だけあって、食感が柔らかい!
本当に、とろけるように、やわらかい。
それでいて、ししゃものもつ卵の旨味が存分に感じられ、
やさしい噛み心地とともに、美味しさが口中に広がります。
今までとは違う、ししゃもの新たな魅力に出会った!という感じ。
これは、衝撃です。

ただ、この生のししゃも、
入荷はタイミングによります。
(もしかすると、今日で入荷が終わり、ということも無きにしもあらず、です、、、)
そんなことブログで紹介するのもな、とは思いながら、
あんまりにも珍しいことなので、思わず書いてしまいました。
例年通り、干したものもこれからの時期入荷予定
(これも抜群に美味しいのですよ!)ですので、
皆様、是非にーーー。
本物のししゃも、美味しいですよ!

ほんまに「柳の葉の魚」、
ですよね!