今日は、ちょっと面白い食材の御紹介、など。
お写真、「バターナッツ南瓜」といいます。
南アメリカが原産なんだそうで、
アメリカでは一般的に市場に出回っている種、であるとのこと。
それが、最近日本でも人気が出始めている、そうで。
実はこの特徴あるインパクトのある出で立ち、
私もはじめまして、ではなくて、
なんとはなしにずっと気になっていた、という存在で、
お試し食材、として本日やっと入手してみた、のでした。
写真のものは奈良の宇陀市産のものですが、
栽培は比較的簡単なようなので、
家庭菜園で育てています!なんて方もきっとおられるかもしれませんね。

上部がストンとストレート、
下部はふっくらとした、
ひょうたんの変形のような、あるいは、フラスコのような、形状で、
色は薄い黄褐色、表面はつるんとすべすべしています。
以前ご紹介した京野菜「鹿ヶ谷かぼちゃ」も特徴のある形でしたが、
これもなかなかにユニークなフォルムです。

そして、半分に割ってみると、

内部はこんな風
切るなり断面から水分がじわっと出てきています。
水分量が多い南瓜であること、想像ができます!
種はふくらんだ下の部分に集中しているのですね。

スープにすると美味しいですよ!とのアドバイスがあったので、
とりあえずは王道と言われる道を辿ろう、ということで、
まずは蒸して、丁寧に裏ごして、シンプルにスープ仕立てに。
生のものを少し食すと多少のアクを感じたのですが、
熱が入ると、それもさほどでもなく。
そして出来上がったものを味見してみると、
非常に、「コク」があるーー!
普通の南瓜を炊いた時にはあまり感じない種類の、
それこそまるで「木の実」のような、独特のコク、風味があります。
「バターナッツ」の名に、
なるほど、なるほど!と合点がいきました。

バターに匹敵するくらいの、
しっかりとしたコク、風味があるので、
洋のお料理向きである、というのには納得はするのですが、
和でも何か挑戦できないかな?と色々と思い巡らせます。
この、ならでは、の味わい、ほんまに面白いんです!
お試し食材、これからまた試作を何度も重ねます。
美味しいのん、出来ます様にー。
そして、皆様にお披露目出来る日が、いつか来ますようにー!!!

バターナッツ南瓜、
ネーミングから、姿から、
そして味わいから。
非常に興味深い、面白い南瓜、ですー!