昨日、近畿地方では梅雨入りの発表がありました。
とうとうやって来たか。でも少々早いような?などと思っていたら、
例年よりも4日ほど早かったのですって。
でも、早いの、遅いの、と言ったところで、
宣言が出ても、次の日は晴天になってしまう、
というパターンは非常に多くて、
今年もその例に違わず、からっからの良いお天気だった、
梅雨入り翌日、今日の京都です(笑)
でも、明日からはお天気が崩れるそうですねー。
いつ何時でも傘必携、の季節がやってきましたね。


さて、今日のお写真、
「新サツマイモ」です!
毎年この時期にはブログに書いている気がするのですが、
夏のかかりの定番、今年も入荷しだしています!

ただのサツマイモ?と言ってはいけません、
これは、「新」のサツマイモ、
写真の通り、とっても細いんです。
早めに収穫している、というよりも、
この初夏の時期に照準を合わせ、
栽培がされているという、
ちょっと特別なサツマイモなんです。
「鳴門金時」の名で出回る四国のものが有名ですが、
その他、長崎産、宮崎産、鹿児島産等、
九州
でも栽培がされていて、
写真のものは鹿児島産
毎年同じ農家さんのものを手に入れています。

「初夏の味覚」として料理屋が特に好むこともあって、
実はとーーっても高値で取引がされるこの新サツマイモ。
間違いなく高級食材!なんですが、
でも、それでもなんとか手に入れたい、と思う理由は、
やはり、その美味しさ、にあります。

小さくて、細いながらも、

 このサイズで美味しさのピークがやってくるよう、
 丁寧に栽培されているだけあって、
非常に甘くて、きめが細かい
店では輪切りにして面取りしたものを甘く炊いて、

 八寸の中のお一品、としてお出しするのですが、
 一口サイズなのに、口に入ると、
それだけで至福です!
皆がこぞって手に入れようとするのも、
納得、のお味なんですよねー。

新サツマイモ、これからしばらく登場予定です。
皆様、是非にー。