お写真、「ブラッドオレンジ」です。
ブラッド(血)、の名の通り、真っ赤な果肉が特徴です。
イタリアが原産で、
赤いオレンジジュース、と言えば、
ご存知の方も多いところかと思いますが、
写真のものは、なんと国産和歌山産
寒さに弱く、栽培は温暖な地域でないと難しいとされていて、
以前は日本での生産はされていなかったようですが、
近年、和歌山や愛媛、広島、他、、でも栽培されるようになって、
国産のものが市場では出回るようになっています。(温暖化の影響なのでしょうか?)

ブラッド、とはいえ、
写真の通り、真っ赤、というわけではなく、
どちらかと言えばオレンジ色と赤色のマーブル模様、といった感じ。
上は「タロッコ」という品種で、
この種は果肉全面が真っ赤になる、という訳ではないようなのですが、
それでも国産のもの、色づきにはかなり個体差があって、
中には赤い部分が非常に少ない、というものもあったり、します。
なぜこんなに当たりはずれが(色について、ですよ!)があるのか、ということ、
聞いてみると、
果肉を真っ赤にするよう育てるのって、実は難しいらしいのです。
というのも、中を赤くしよう、と栽培すると、
外側の表皮が汚くなって、
そうすると日本では流通がしづらくなって、、、と、
果肉の赤と、見た目の美しさ、とのバランスをはかりながら
栽培をしなければならず、なかなかそれが難しいのだそう、です。

でもね、色よりも肝心なのは味、ですよね!!
これが非常に、非常に、美味
コク、深みのある甘味爽やかな酸味
すきっと心地の良い美味しさ、があります。

オレンジってそれこそ色んな種類があって、
甘くて美味しいんだけど記憶に残らない、
なんて種もあるような気がしますけれど、
(→いいすぎ?)

このブラッドオレンジは、そういう意味では
しっかりと個を主張しているというか、
ブラッドでしかない美味しさ
というのんがある気がします。
この味だったら、たとえ真っ赤でなくとも
良いんではないか?とさえ思わせてくれる、
なかなかに印象深い、オレンジなんです(笑)

ブラッドオレンジ、あとしばらく
お食事後の水物としてお出しする予定です。
皆様、是非にーーー!