お写真、「コハダ」です!
大きさは10センチ程、淡路で揚がったものが入荷しています。

コハダ、と言えば関東方面の皆様には非常に馴染みの深い
お魚なんではないかな?と思います。
江戸前のお寿司では定番の鮨ネタ!というイメージが強い気がしますが、
もちろん西の方でも産地はあって、
この10センチまでのコハダを、店でも時期により使います。
ただ、やはり馴染みがあるかと言えばそうではなく、
私など(=チームくりた、Aです、笑!)
普段あまり接する機会の少ない魚、という印象があります。
所変われば、ですよねー。

ところでこのコハダ、御存知の方も多いかとは思いますが、
実は出世魚なんですよねー。
成長につれ名前が、
「シンコ」→「コハダ」→「ナカズミ」→「コノシロ」と変わっていきます。
(この呼び名も地方により差異があるようです)
が、「出世」とはいえ、成長するにつれ、
値が下がってしまう、らしく、
シンコやコハダの10センチほどまでの大きさのものを
酢締めにするのがとりわけ極上!とされ、
小さいものほど珍重される、という魚なんだそうです。

店でも、酢で締めて、
小さなお寿司仕立てにしたもの、
今の時期八寸の中のおひとしな、としてお出ししています。
酢のきいた爽やかな旨味、これがなんとも
間にはさんだ山葵がきりっと全体を引き締めて、
口に広がる美味しさ、清涼感が、たまらん!のです。

店では、「5月らしい」お寿司に仕上げています。
あとしばらく登場予定ですので、
皆様、是非にーーー!