お写真、メイタガレイ、です。
写真のものは淡路産
春から初夏にかけての、まさに今が旬!
西日本、特に関西では割と見かけることの多い魚です。

ところで、平べったい魚と言えば、
カレイと同じく「ヒラメ」が思い浮かぶんですが、
このよく似た二つの魚の見分け方として、

「左、ヒラメで、右、カレイ。」

なんてことがよく言われます。

お腹を手前に置いたとき、
が左にくるのがヒラメ、で、右にくるのがカレイ。

、、なんですが、実はこの定説、万能ではないらしく(!)
(左に目があるカレイ、なるものも存在するらしいのです。
でも、だいたいにおいて通用する定説であるとは思うのですが、、、
とはいいながら、ヒラメとカレイについて区別を迫られる局面って、
あんまりありませんものね(笑)でも頭の片隅に置いといとくれやすね)

では、他の見分け方、というか、
カレイならではという特徴には、どんなことがあるかと言えば、
例えばこんなもの。

目が、出ているんです!
特にこのメイタガレイ、
カレイの中でもとりわけ目の突出が目立つ種である
気がします。
比較のヒラメの写真が用意出来ず、
少々わかり辛くて申し訳ないのですが、
ヒラメは全般的にもっとフラットな感じの目、
なんですよね−。

、、と、姿の話ばかりになってしまったのですが(!)
メイタガレイ、本当に美味!です。
店ではお造りにしてお出しするのですが、
しこっと程よい歯応えといい、
すっきりと、爽やかな白身の旨味といい、
この初夏の季節感になんとマッチしていることか。
自家製のポン酢にさっとくぐらせてお召し上がり頂くのですが、
ポン酢のもつ優しい、やわらかい酸味に、
またこれが非常に合うんです!

今の時期に実にしっくりくる、
ぱつん、とはまるような心地のする、美味しさです。
メイタガレイ、あとしばらく登場予定です。
皆様、是非に!
(日により、入荷のない日もありますので、
詳しくはご予約の際にお尋ね下さいませ!)