肌寒い、を通り越して、
なかなかに寒い一日となっている、京都です。
日本各地で開花宣言が出始めているというのに、
この昨日、今日の寒さと言ったら!
これぞ、
花冷え、ですねー。
日中、街ゆく人も、
あまりの寒さに肩をきゅっと縮めて歩かれる様子が、
沢山見られました。
と、かくいう私は、
今もパソコンの傍らにはしっかりとストーブが!
しばらく卒業していたのですが、見事復縁いたしました(笑)
この
冬の友と離れられる日、いつになったら来るのでしょうか!?


さてお写真は、
例によって
今日の高瀬川の桜のようす。
つぼみがますます膨らんで、
ほんの数輪、数えられる程ですけれど、
開きはじめている花もみられます。
冷たい風に吹かれて、枝が揺れる様が
少々寒そう!なんですが、
懸命に開いている様子、
なんとも健気で愛らしく映ります。

市内各地、
御所や、醍醐方面など、
ぼちぼち開き始めているエリアもあるようですが、
まだ蕾の所も多いようですね。
今週末、また春の陽気が戻る、とのことなので、
きっと月末から4月に入って、
見頃を迎えるエリアが多くなることと思われます。
また桜情報、追々レポートしますね!


さて上写真は、
春の味覚、
「鯛の子」(=鯛の卵)です!
ちょうど今の時期が美味しい、鯛の子。
お献立に登場しております!

写真は正真正銘の、鯛の卵。
、、、と、わざわざ書くのは、
実は「鯛の子」の呼び名が、
スケソウダラの卵のことを指すことがあるんです。
これ、「偽装」でもなんでもなく、
「スケソウダラの卵を、鯛の子、と呼ぶ」
ということが、
通称として、一般的に広まってしまっていて、
市場でも、「鯛の子」の名でスケソウダラの卵が
扱われていたり、します。

おそらく、 形、姿が似ている事、
しかも
真鯛の卵よりも格段に安価で、
そして
流通量も多いこと、から、
時代を経て、その定義、呼び名が定着してしまったのだと思いますが、
似ているとはいえ、
やっぱり本物の「鯛の子」とは、違います!
ほんまもんを味わうと、
旨味、食感、全てにおいて別物、と言わざるを得ません。
(もちろん、スケソウダラの卵もおいしいことは美味しいのですが、、、。)

深い、旨味とでも言えるでしょうか、
真鯛の卵は、ほんの少量口に入れただけで、
深い味わい、がぐっと広がって、
唸るような、美味しさがあるんですよねー。

店ではお出汁であっさりと炊いて、
八寸の中のおひとしな、に。
これからしばらく、登場予定です。
皆様、是非に!