寒い日、続いてますね。
とはいいながら、今日は幾分寒さも控え目で、
「日中は結構、寒いのもましでしたよー」
お客様も口々に仰っておりました。
寒がり代表の私にとっては、
いまだカイロが手放せない日々が続いているのですが、
それでも、そんな私でさえも(!)、
陽のさす感じがもう、冬とはちがうよなあ、、、と、
そのもはや真冬ではない、という空気感は、感じていて。
季節は少しずつ、動いているんですよねー。
でもそんなこと言いながらも、
去年は2月も半ば頃になって、どかんと雪が降って大変でしたものね!!!
まだまだ油断ならぬ、2月、です。


でも、春の気配はこんなとこにもあるよ、という今日のお話。
お写真、蕗の薹(フキノトウ)です!
もう市場には出回り出しているんですよー。
春の使者、ともいわれるフキノトウ、

フキの花の蕾のこと、をいいます。
この若い浅緑色がなんとも可愛らしい、です!

天ぷらにしたり、ふきのとう味噌にしたり、、と、
いろんな料理法があるのですが、
店では、甘く蜜煮にして、お食事後のお茶請け
として仕上げます。

「フキノトウをこんな風に頂くのって、初めてです!」
「この程よい苦みと甘味の組み合わせが、
不思議としっくりきてますよねー」

などと、お召し上がりの皆様、仰って下さいます。
この独特のほろ苦さ、これがなぜか心地良く、
ああ、春がくるんだな、と
身体の中が呼び起こされる様な、感覚があります。

ふきのとうだけではなく、山菜全般に言えることですが、
この春の苦みを摂取する、ということには、
味覚を刺激して、縮こまった身体を冬眠状態からぱっと目覚めさせる、
というような役割がある気がします。
この程よい苦味に独特の香り。
子供の時には全くわからなかった、美味しさなんですが、
(私はそうなんですが、皆さんは如何でしょうか?)
今は、しみじみと、美味しい、んですよねー。

蕗の薹の蜜煮、これからしばらく
お食事後のお茶請けとして登場予定、です。
皆様、是非にー!!!