今日は「立冬」ですね。
暦の上では今日から冬、のはずですが、
紅葉見頃!の声がまだ聞こえてこない京都は、
まさに今からが秋の一番の盛り上がりの時!という感じ。
サクラの木々はすでに色付いているのですが、
肝心のモミジはぼちぼちで、本当にまさに今から、といった風。
見頃の第一報はどのエリアからきこえてくることか。
今か今かと、待ちわびている今日この頃です!


さて、お写真は。
本日店に届いた、秋の実りの数々
(実は毎年、あるお客様が「お庭になるものですが」、とお送りくださるものなんです。
ほんま、おおきに、おおきにです!!!)

もぎたての果実、なんともいえん、ビタミンカラー!!
箱を開けたとたん自然のエネルギー、がぶわっと飛び出してきます。
どんな風に使わせて頂こかな、


シンプルに切って焼物に添えたり、
あるいは皮をおろしてあれやこれや、、、、と
たちまちイメージがふくらみます。
とはいえ、
まずはこんがりと上手い具合に

 焼き上がったお魚に、
きゅっと柑橘を搾って、それをぱくっと食す
まず間違いが無いです。
これぞ、秋、ですよね。
焦げ感、旨味、そしてそれに寄り添う柑橘。
想像するだけでも、至福です。
秋よ、ありがとう(笑)
このひときわ大きい柚子、
名前は「鬼ゆず」というらしいです。
食用というよりは、
もっぱらお飾り用、らしい。
にしても大きいです。
手のひら、ゆうに隠れるくらい。
鬼のネーミングは、
この存在感を見事に言い当ててる気がします!
鬼、やわー。

カテゴリー[くりたのお料理]
投稿日:2014/11/07 23:42